小1、時計を読めるようになるスマホアプリありますか?

   

2017-06-01_221053
小学校1年生の女の子のことです。

時計が全然読めません。

1年の後半で習うらしいので、焦ってはいないのですが…

何年も前に、くもんのスタディめざまし時計を買いましたが、子供は全く理解していません。
先日少し教えようとしましたが、教えている途中に興味を無くして、全然こちらの話を聞いていません(笑)。

「3時」だけは、おやつの時間なので覚えていて、形でわかるみたいです。
でも、9時と3時を間違えたりしているので、理解はしていない様子。

学研の「はなまるくん クルクルとけい」は、子供が触っている内に勝手に覚えた、というレビューがあって興味があるのですが、何千円もします。

そこで、スマホアプリ(iPhone)で時計学習の物を触らせていると、自然に覚えるのではないかと思い付いたのですが、どうでしょうか。

オススメのアプリなど無いでしょうか。安い方が有り難いです。
検索すると色々アプリは見つかるので、片っ端からダウンロードして試しても良いのですが、ご存知の方に聞く方が早いかなと思って、質問してみました。
よろしくお願いします。

2017-06-02_112040
女子必見!厳選アプリランキング
2017-05-12_172912

市販のドリルで「とけい」、3、4歳向けのものからありますよ。

うちは学研の多胡輝さんのシリーズを買いました。
年中くらいだったかな?
完璧に読めるようになりましたよ。

お受験系ドリルもおすすめです。

しょうがく社のハイレベ100幼児とけい
幼児のドリルは私もオススメです。お受験系のドリルだと
小学生だとほどよいレベルです。

ひらがなやカタカナなども本当に幼児ドリルのようにやさしすぎず
小学生のドリルのように難しすぎずで1年生にはちょうど良いと
思います。

アプリじゃないんですけど

うちも全く時計が読めないまま二年生になってしまいそうだったので、気に入った時計を選ばせて買い与えてみました。
そうしたらようやく興味を持って覚えてくれましたよ。

キャラ物ですけどね。涙
まあやる気が出たからいいですけど、、汗

アプリではないのですが
とにかくアナログの時計を見せてその数字を指さしながら5、10、15と繰り返しさせました。
「3」の15まで覚えたら次は「6」の30まで。

そこまでマスターしたら「9」の45まで。そして最後は「11」の55分まで。という風に。
だいたい覚えてきたかなというところで今度はランダムに時計の文字を指して『「5」は~?』『25!』というふうにクイズ形式で出題していました。

きりのよくない数字に関してはめもりを数えたらいいよと教えると、最初は時間がかかっていたもののなんとなく要領がつかめたようで答えられるようになりました。

子供って覚えるのが早いので淡々とした繰り返しが功を奏したかもしれません。
良かったら試してみてください。
(つたない説明すみません)

まだ1年だから、焦らなくてもいいですけど、
他の方が言うように、アプリより、実生活で親が教えるのがいいと思います。

まず、家でデジタル時計、使ってますか?
まずはデジタル時計があるなら隠してアナログ(文字盤に数字のある)時計を
居間等に置きましょう。
おやつの3時、だけでなく、ごはんだよ~、今何時?
とか、
朝は何時に起きる?とか。

時刻でなく時間は、
テレビ見るのは30分間ね、今7時半だけど、あと30分たったら
何時かな?と、
ふだんの生活の声かけで、工夫しましょう。

ドリルもいいですよね。
簡単なヤツで、○が続けば大きなハナマルをつけてあげる。
まだまだお母さんにほめられてうれしい年です。

「勉強は学校にまかせておけば大丈夫」ではありません。
ここは生活力と、ちょっとの手間がモノをいいます。

※余談ですが…まだ先ですが、スマホなどに頼るのは考えものです。
スマホで簡単に検索できることを覚えてしまうと、たとえば
国語の紙の辞書(英語もですが)が、引けなくなります。
「さくら」ひとつ引くにも、私たちなら当たり前に
五十音で一つずつ順に、というのが簡単にできるのが、
小3あたりでできない子は多いです。

まずは紙と鉛筆で十分です

○っと大きく時計を描いて、
数字を入れたら、針は描き込みません。

数字を1~12まで何度も指さししながら一緒に読み上げます。

慣れてきたら、お子さんだけで読み上げます。

それと同時進行で、数字とは関係なく、お風呂などで5飛ばし数字を5~55まで何度も復唱して口で覚えます。

この両方が出来るようになったら初めて、時計の読みに入ります。

まず、1~12を理解していれば、時針は読めます。

なので、今度は目で見て、つまようじでも1本用意して、時針の代わりに見立てて、紙の時計の上に置き、動かしていきます。

12~1の間に短針が居たら12時1~2の間に短針が居たら1時といった具合で目で見て覚えます。

ここまでしっかり把握出来たら、今度は串でも用意して、長針に見立てます。

まずは、5飛ばしで、
1→5
2→10
3→15

といった具合に、テンポよく動かして目で見て覚えさせます。長針の時には、ここに針が居たらなどと細かな説明を入れるよりも、テンポで5・10・15・20・・・と読ませていく方が早く覚えられます。

そこまでできるようになっったら、今度は長針を切りの悪いところに回して、6分とか、18分などの練習をします。

最後に、短針をもう一度復習して、短針・長針を合わせて読む練習をします。

これで早いお子さんでは1時間もあれば覚えてしまうお子さんから、1週間ほどかけてゆっくり覚えるお子さんもいます。

ゆっくり覚えるお子さんは、
「なぜ?」と疑問を多く持つお子さんが多いです。
疑問を持ってしまうと、1が5になる意味が分からなくなるので、
その時には、12~1の間に4つの点を打ってあげて、ここには本当は、1分、2分、3分・・・ってあるんだよと教えてあげるといいと思います。

でも、そこで、今度は、じゃあなんで点々が1分、2分・・・とあるのに、12→「1」なの?と混乱するお子さんも多いです。

なので、口で唱えて、目で見て、テンポよくとにかく時計はこういうものなの、と教えてしまうのが一番早いです。

2017-06-01_221042

皆様、ありがとうございました。

「はとのクルック」はタイマーのアプリのようで、姉妹アプリの「はとのクリックのとけいえほん」というアプリが時計学習のようでしたが、iPad専用なのでiPhoneではダウンロードできませんでした。

代わりに、いくつかアプリをダウンロードして試してみて、「とけいあそぶ」「ぷらくろっく」というアプリが良さそうだったので、子供が帰ったら触らせてみます。

ドリルの紹介もありがとうございます。アプリがダメだったら、ドリルも考えてみますね。

生活の中ではもう何年もずっと教えていますが、理解できていないようなので、教え方を変えて工夫してみようと考えています。

調べてみると、小1で時計を読めない子も一定割合いらっしゃるようですので、焦らずじっくり教えようと思っています。

子供によって得意分野と不得意分野はあると思うので、不得意な所は親が工夫する必要があると思って、試行錯誤しています。

ちなみに、数字は2歳から読めています。幼稚園の頃から足し算引き算掛け算なども勝手にやって遊んでいるので、数字や算数は好きなようです。

気に入った時計を選ばせるというのは、良い案ですね。とにかく興味を持たせる必要があると思いますので。

ちょうど、この春から子供部屋を用意して、そこに置く時計を買いたいと思っていたので、時計を選ばせてみます。

時計を見せながら「5、10、15、20…」を繰り返し教えるお話、ありがとうございます。

反抗期なのか、なかなか興味の無い事には、こちらの話を聞かないので難しいのですが、少しでも時間に興味を持ったら、すかさずやってみます!2~3日前もちょっと興味を持った?と思った隙に、くもんの学習時計を出して、時計遊びを始めようとしましたが、失速して失敗してしまって…
がんばってみます。

 - こども用アプリ